【2歳~5歳】子供(赤ちゃん)が急に足を痛がり歩かなくなった!原因は?

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク

こんにちは!4姉妹の母をしているsamです。

今回は四女が足を痛めて歩けなくなってしまいました。

 

当時、四女は1歳11か月で、急に足が痛いと大泣きをしました。

突然のことで何が何だかわからずあたふた・・・。

 

足を見ても、腫れてる様子もなく、熱があるわけでもない。

どうしたんだろう?と思い、整形外科に行くことになりました。

そんな娘の症状と病名を合わせてご紹介します。

同じ境遇でお困りのママに参考になってもらえれば幸いです。

子供(赤ちゃん)が急に足を痛がる原因は?

この日はいつも通り過ごしていましたが、

夜の20時ごろ、寝室にいたところ急に娘が泣き出しました。

何事かと思うと、座り込んだ娘が足をおさえて「痛い~痛い~」と泣いていました。

 

寝室には布団しかなくぶつけるような所はないでので、とりあえず痛いと言っている足を見てみます。

 

腫れも赤みもなし

足を見たところ、どこも腫れてもなく赤くもなっていなし。

足首を曲げたり回したり、膝を曲げたりしても痛がる様子はなし。

結局、原因がわかりませんでした。

 

娘は普段、こけたぐらいでは泣かず、泣くときは本当に痛いときだけなんです。

それぐらい痛さに強い娘がこれだけ泣くということは、ただごとではない!と思い急いで

夜間救急をやっている病院に電話をしました。




夜間救急に電話

夜間救急に電話をし、事情を説明すると、

 

「今は整形外科の担当の先生がいなくて、応急処置はできますが、

また後日来てもらわなければならないかもしれません。」

 

とのこと。

 

そんな電話をしていたら、なんと娘が寝てしまったのです。

 

寝れるぐらいなら大丈夫なのかな?明日には治っているのかな?と思い

この日は病院には行かず、明日まだ痛がるようでしたら、病院に行こうと思いました。

次の日の様子

朝、娘が起きたと同時に立ち上がろうとしたら「痛い」と座り込んでしまいました。

 

やっぱり治っていませんでした。

 

痛さ以外は食欲もあり、普段と変わらない様子です。

 

1歳11か月ということもあり、痛いことを忘れ、つい走り出そうとしたり、踊ったりしようとしますが、

すぐに座り込んで痛がる様子がとても可哀そうでした。

朝一に整形外科へ。

朝一に整形外科に行き、症状などを伝え、触診。

先生は明るい様子で

 

「これぐらいの子はよくなるんですよ~多い時は1日に5人ぐらい来たりしますよ。

足首が痛いって言っているけど、実は股関節炎って言って、太ももの付け根の部分が炎症しているんです。

 

でもこれぐらいの子は、付け根が痛いという信号がなく、足首だったり、太ももだったりそこらへんを痛がるんです。

昔はこれを成長痛って言われたりもしてましたしね。」

 

 

という診断結果でした。

 

 

足首が痛いと言っているのに、足首を曲げたり回したりしても何も痛がらないのは

太ももの付け根が炎症しているからだったようです。




病名は?

気になる病名は「単純性股関節炎」でした。

 

これね。と紙を見せてもらうと

単純性股関節炎の説明をしてくれました。

他にも怖い病気はありますが、ひとまず心配はいらない。

 

なりやすい子はたくさん走り回ったり、ジャンプをしたり元気いっぱいの子がやはりなりやすいと言われました。

 

年齢は2歳~5歳までの子がなりやすいらしいです。

もちろん1歳の子も、6歳~の子もなります。

 

ですが、みんながみんななるわけではないので、娘の場合はたまたまなってしまったのかな~?と思われます。

 

 

ですが、もし骨に異常があったらいけないので、念のためレントゲンを撮ることになりました。

 

(整形外科に響き渡るような大泣きをし、先生を困らせてしまいましたが・・・。)

レントゲンの結果も異常なし

レントゲンの結果も異常なしで、特に心配するようなことはありませんでした。

 

「今日が木曜日だから、土曜日にはケロっと走り回っていますよ。」

と言われ、

痛み止めの薬を貰い帰りました。




いつぐらいに治るの?

3,4日したら治ると言われましたが、娘はどれくらいで治るのかな~?

 

朝昼晩に薬を飲んで早く治ってほしいです。

まとめ

娘の単純性股関節炎の症状をまとめました。

小さい子がなりやすいと言われましたが、周りにそんな経験をした子供もいなくてとても不安になりました。

 

ですが、病名がわかり先生もそこまで心配することではないと言われとても安心しました。

また単純性股関節炎が完治するまで、追加更新をしていきますので、同じ「単純性股関節炎」になってしまったお子さんの参考になれば幸いです。

 

ここからはどれくらいで娘の足が完治したのか経過などをまとめていきます。




病院初日

病院から帰ってきても、痛いのは変わらずでゴロゴロしています。

ゴロゴロしながらでも、足を動かしたり、バタバタさせているので

治ったかなと思ってしまうほど元気な足です。

 

ですが、娘も痛かったのを忘れてしまい、ふと立って歩こうとしまう1歳11か月。

ですが、すぐにしゃがみこんでしまいます。

この日の移動手段はずっとハイハイでした。

 

夜も変わらずなので、今日は薬を飲んで就寝です。

2日目

2日目の朝。

起きて数歩歩きますが、やはり痛がり座るこんでしまいました。

朝ごはんはいつも通りの食欲で、そのあとにお薬。

 

朝のお昼寝をし、お昼前になると、どうしても歩きたいのか、なんども歩こうとしてしまいます。

1歳11か月に安静にしていて、と伝えてもわかるわけありませんよね。

 

午後に変化が。

午後3時ごろ、外にいたのですが、急に歩きたいと言いぎこちなくですが歩き出しました。

 

そこからだんだんと歩けるようになりました。

まだ痛いほうの足を庇うように歩いているので、歩いてはほしくなかったのですが、娘には伝わらずどんどん歩き始めてしまいました。

午後6時ごろ

家に帰ってからも移動手段がハイハイから歩行に変わり、治ってきた感じがしました。

 

薬のおかげかな?それともそこまでひどくなかったのかな?

これなら先生の言う通り、明日には治っている予感です。

3日目

3日目になりました。

 

昨日からだいぶ良くなり、今日はいつも通りと言っていいほど歩けるようになっていました!

こちらの心配とは裏腹に、走り回ったり、ジャンプをしたり・・・

 

 

 

また単純性股関節炎になられると困るので

おとなしくしててほしいのですが、そんな思いは伝わるもなく動き回る娘。

 

 

ですが、この日から変わることなく、いつも通り過ごせています。

 

 

調べると子供によっては治るのに1週間ほどかかった子もいたので、

娘はたまたま早く治ったようです♪

 

もしお子さんが、急に足首を痛がり、動かなくなってしまったら

単純性股関節炎かもしれません。

 

 

ですが、必ず病院に行き、先生に症状を伝えてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました