【お正月】お年玉は何歳からあげる?みんなの意見をまとめて調査!

スポンサーリンク
イベント・シーズン
スポンサーリンク

もうすぐお正月ですね。お正月と言えば「お年玉」。子供たちは毎年とても楽しみにしていますよね。

でも、小学生の子たちは楽しみにしているけど、赤ちゃんにもお年玉はあげるの?何歳からあげるのが普通なの?など、ふとしたときにそんな疑問が浮かびますよね。

あなたは何歳からお年玉をもらっていましたか?

上げる立場になると何歳からあげたほうがいいのか迷ってしまいますよね。

ここではいろいろな意見をご紹介したいと思います。

お年玉は何歳からあげる?

落とし玉は何歳になったらあげないといけないの?という決まりの年齢はありません。

だからこそ迷ってしまうんですよね。

「お金」というものを認識するのは小学生ぐらいから。

だったら、赤ちゃんのときはあげなくてもいいのか。

でも、せっかくのお正月だし赤ちゃんのときからお年玉はあげたほうがいいのか。

 

そんな気持ちがずっと頭の中をぐるぐるしてしまいます。

一体みんなは何歳からお年玉をあげているのでしょうか?

意見をめとめてみました。

産まれた年からお年玉をあげている

一番多く見られた意見は、産まれた年、つまり「0歳からお年玉をあげる。」という意見でした。

・産まれたらお年玉をあげるということに違和感はない。

・縁起物だからあげる。

・赤ちゃん(孫)にもだけど、娘や息子が喜んでくれたら良い。

・孫に渡すことが嬉しい。

・年齢関係なく0歳から渡していた。

・親戚からも出産祝いとしてお年玉をもらった。

・金額は少ないけど、お正月=お年玉なのであげている。

・自分の子供も0歳からもらっていたので、自分も0歳からあげている。

・周りがあげているからあげる。

 

このような意見がたくさんありました。

0歳からお年玉をあげているということに特に違和感はないようです。

お正月は親戚が集まりみんなで渡し合うものなので、0歳から渡すのが自然という感じですね。

赤ちゃんは「お金」に認識はありませんが、おじいちゃん、おばあちゃんは孫にお年玉をあげるということが嬉しい気持ちになるようです。



3歳~からあげている。

0、1、2歳のときは「お金」ではなく、おもちゃやお菓子を渡しているとういう意見も見られました。

赤ちゃんにとったら「お金」より「お菓子」の方が喜びますよね。

しかし、

3歳にもなれば、周りの子供たちは貰っているのに自分だけ貰えない!と泣き出す子もいるので3歳からあげているという意見も見られました。

「お金」は認識していなくても、可愛い、カッコいいポチ袋がもらえるだけでご満悦しますしね。



小学生からあげている

お年玉は小学生から。という方もおられるようで、

・「お金」というものに理解をしているから。

・物よりお金の方が喜ぶから。

・親もおもちゃよりお金の方が助かるから。

・幼稚園までは「お菓子の詰め合わせ」を渡し、小学生になったらお年玉を渡している。

 

小学生にもなれば、お年玉ってとても嬉しいし特別ですよね。

自分で管理して、好きなモノを買うのが楽しみで仕方なかったという方も多いのではないでしょうか?

あげる方も、喜んだ顔が見られるということで小学生からあげるという意見も多数みられました。




他にもこんな意見が。

お年玉は何歳からという決まりがなければ何円という決まりもありません。

なので、

・貰ったことがない

という声もありました。

他には、

・「小学3年生から」「中学生」からなどなど。

各家庭によって、大きな違いがありました。

決まりがなければそういう風になってもおかしくありませんね。

まとめ

お年玉は何歳からあげる?については、

「0歳から」か「小学生になってから」という意見が多く見られました。

年齢関係なく、お年玉があげるものという考えの方から、お金のことを理解してからあげるという考えの方まで様々です。

 

お年玉は気持ちです。

赤ちゃんにお金を渡すことに躊躇している方は、お菓子をプレゼントしてみるのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました