あなたの地域は大丈夫?ハザードマップで地域のことを詳しく知ろう!

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク

台風や地震、土砂崩れなど暮らしの中で自然災害にまつわるニュースを見聞きする機会は多いもの。

ハザードマップは、そんな自然災害が身の回りに発生した際に、予想される被害を示した特殊な地図がハザードマップです。

ここではハザードマップをより詳しくわかりやすく紹介していきます。

ハザードマップ(被害予測地図)とは?

ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したものです。

予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、さらには避難経路、避難場所などの情報が既存の地図上に図示されています。

被害予想地図を利用することにより、災害発生時に住民などは迅速・的確に避難を行うことができ、また二次災害発生予想箇所を避けることができるため、災害による被害の低減にあたり非常に役立つものです。

 

ハザードマップを作成するためには、その地域の土地の成り立ちや災害の素因となる地形・地盤の特徴、過去の災害履歴、避難場所・避難経路などの防災地理情報が必要となります。

国土地理院では、これらの防災地理情報が表示されている主題図(土地条件図、火山土地条件図、都市圏活断層図、沿岸海域土地条件図など)を作成し、一般に提供しています。

ハザードマップはどこで貰えるの?

ハザードマップは、各市町村などの窓口にて配布しています。

貰えるか心配なかたは一度、窓口に電話をして聞いてみるといいかもしれません。

配布している場所は地区によって違いがありますが、市役所や区役所の総務課や資料コーナーなどで配布している場合が多いです。

ネットで見たい方は、

国土交通省ハザードマップポータルサイト

で見ることができます。

重ねるハザードマップ

上記の国土交通省ハザードマップポータルサイトにある「重ねるハザードマップ」は、

洪水・土砂災害・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に自由に重ねて表示できます。

洪水、土砂災害、津波、道路防災情報などの災害種別で選択もできるのであなたの地域はどの災害が起きやすいのかわかりやすく表示してくれます。

地図に洪水や土砂災害などのリスク情報を重ねて表示でき、調べたい場所に虫眼鏡の中に「」とあるアイコンを持って行くと、災害リスクも見ることができます。

わがまちハザードマップ

わがまちハザードマップは、各市町村が作成したハザードマップへリンクします。地域ごとの様々な種類のハザードマップを閲覧できます。

また、各自治体ホームページでも、ハザードマップを見ることが可能です。



まとめ

ハザードマップは自治体の窓口やホームページで見ることができます。

あらかじめ知っていることで、いざという時の行動に差が出ますので、確認しておくことをおすすめします。

 

地震や津波、土砂崩れはいつ起きるかわかりません。

いきなりの災害は自分の置かれている状況がつかめず、混乱しがちです。

もし災害が起こったらどこに避難をするか、防災グッズは持っているか、などなど

改めて確認しておくこともいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました