【子育ておすすめグッズ】鼻水でおっぱいやミルクが飲めない!そんなときに便利なのがコレ!

スポンサーリンク
おすすめグッズ
スポンサーリンク

赤ちゃんが風邪をひいてしまった鼻水がダラダラ。

そんなときにおっぱいやミルクをあげようとすると苦しくて泣いてしまうことってありませんか?

見ていてとても可哀そうになってしまいますよね。

そんなときにおすすめのグッズがあるのでご紹介します。

鼻吸い器

鼻吸い器です♪

えっ!口で赤ちゃんの鼻水を吸うの!?と思いますが

我が家の鼻吸い器です。

こんな感じになっていて、鼻水は下の容器に溜まるのでママの口に直接鼻水がくるということはありません♪

吸うだけで、鼻水がスッキリとれて赤ちゃんもおっぱいやミルクを飲むことができます。

直接鼻水が来るわけではないですが、「直接吸うのはちょっと・・・」と思うママもいますよね!

そんな方には、

2wayタイプのスポイトで吸ってあげるといいかもしれません。ですがスポイトタイプは吸引力が弱いのがデメリット

長女のときは、赤ちゃん用の爪切り、赤ちゃん用のピンセット、スポイトがセットになったものを購入したので、ママが吸うタイプの鼻吸い器は持っていませんでした。

なので、スポイトで吸ってたのですが、さらさらの鼻水はスッキリ吸ってくれるのですがちょっと吸う力が弱く粘りが付いた鼻水は吸いにくくなかなか吸えなかったのを覚えています。

鼻水が詰まってたら、おっぱいも飲めないし夜が寝にくそうなのがとても可哀そうで、結局、新たに自分が吸うタイプの鼻吸い器を購入しました。

おかげで、そのときだけでもおっぱいを飲むことができました。

ママが吸うには限度がある

鼻吸い器は便利ですがママの吸う力によって効果は様々なんです。

ネバネバの鼻水も吸うことはできるのですが、ママの力が弱いとなかなか吸うことができません。

鼻水はある感じがするのに、なかなか吸えなくて赤ちゃんは大泣きになってしまうことも。

なので、ママが直接吸うタイプの鼻吸い器は気休め程度かもしれません・・・。

実際に四女は鼻かぜをひいてしまい鼻水がダラダラに。

直接吸うタイプの鼻吸い器で吸っていて、その時は大量に鼻水が吸えているのに奥にまだ詰まっている感じがするんですよね。

手前の鼻水は吸いやすいけど奥まで吸おうと思ったらわたしの肺活量ではなかなか吸えず・・・。

結局、小児科で鼻水を吸ってもらうと出てくる出てくる鼻水が。奥に溜まっていたみたいです。

これを経験して、手動では限界があるんだな~と感じました。

もちろんちょっとした鼻水なら簡単に吸えるので、1つは持っていたほうがおすすめです。

何より鼻水のせいでおっぱいが飲めない!ということはなくなります。

もし鼻水吸い器を購入しようとしているママがいる方は

2wayタイプの鼻吸い器がおすすめ。

私みたいに、二度手間にならないため。

収納がちゃんとついているもの。

私みたいに、鼻吸い器を安く単品で購入したら収納ケースがなかったパターンにならないように。

購入してから「あっ・・」と思うことって多いですよね(笑)

電動鼻吸い器は自動で楽々♪

今では手軽に電動鼻吸い器を購入することができます。

ちょっとお値段が高いのがデメリットですが・・・。

ですが、口で吸いこむ際に病気に感染する可能性は0ではないそうなので、医師がおすすめするのは電動の鼻吸い器だそうです

何より、簡単・早いで赤ちゃんのしんどさを軽減させてあげることができますしね。

鼻吸い器は赤ちゃんだけでなく、3歳のころまで三女にも使っていました。

まだ力が弱く、自分で鼻水を出せないときに鼻吸い器で吸ってあげると気持ちよくなるみたいで

嫌がらずに吸わせてくれました。

鼻水を吸うポイントとしては、ずっと同じ場所を吸い続けるのではなく、先端を鼻の中でぐるぐる動かしながら吸い続けるとよくとれますよ♪

鼻水を吸って中耳炎を6割減少

医師が言うには、鼻水をそのままにしておくと中耳炎になる可能性が高まってしまうようです。

鼻水を吸ってあげることで中耳炎を6割減少することが分かっていて、こまめに吸うことが重要だそうです。

赤ちゃんが中耳炎になってしまったら・・・と考えるとゾっとしますね。

たかが鼻水、されど鼻水。

鼻水が出てしまったら、こまめに吸ってあげてくださいね。

もし鼻吸い器を持っていなかったら耳鼻科・小児科に行けば、鼻水だけでも吸ってくれます。

鼻吸い器を持っていても、鼻水からほかの病気にならないためにも一度病院に行くことをおすすめします。

6か月の四女も、たかが鼻水と思っていましたが病院に行くと喉も少し炎症していると言われてしまったので、ほっておくともっとひどくなってたのかなと思うと、早く病院に連れて行ってよかったと感じました。

そこから毎日鼻吸い器で吸ってあげていました。

いつなるかわからない風邪。そのためにも事前に準備しておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました