ひな祭りのひし餅の色と形の意味は何?どうして飾られるようになったの?

スポンサーリンク
イベント・シーズン
スポンサーリンク

ひな祭りと言えば、

ひな人形、ちらし寿司にはまぐりのお吸い物などなどがありますが、

もう一つあるのが、ひし餅ですよね。

ひし餅を飾る意味はあるのか、どうして3色なのか、そしてどうしてひし型の形なのか

ひし餅に関することをすべてここで紹介します。

菱餅(ひしもち)とは?

ひし餅とは、

上から順に、ピンク・白・緑のお餅を3段に重ね、ひし形に切ったお菓子のことを言います。

地域によって2色や、5色・7色になっている餅をひし形に切って重ねて作る地域もあります。

ですがよく見るのは3色ですよね。

この3色の色には実は、とても縁起が良い意味が込められているので紹介します。

ひし餅の3色の意味は?

赤(桃色)

元々「赤」はおめでたい色とされることに加え、昔から厄除けの色として親しんできました。

そして、桃の花の季節ということで、その色を取り入れました。

現在では色紅で着色されていますが、昔はクチナシの実で色付けされていて

このクチナシには解毒作用があることから、病気を退けるとも言われていました。

「白」は清らかさ・純潔の象徴です。

他にも、長寿や子孫繁栄の願いも込められています。

ひし餅の白には名前の由来でもある菱の実を入れて、血圧低下の効果を得るという意味があります。

「緑」は、芽吹く力強さからの健やかな健康を意味します。

香りの強いヨモギを使うことで厄除けにもなっていました。

元々は、「母子草(ハハコグサ)」というキク科の越年草を混ぜた草餅でしたが、

「母と子を臼とでつくのは縁起が良くない」として代わりにヨモギが使われるようになりました。



ひし餅の色にはこのような意味があります。

お餅を重ねる順番にも意味があり、

雪(白)の中から新芽(緑)が芽吹き、桃の花(赤)が咲いている」という春の訪れを表しています。

意味を知ると、何色がどこだっけ?と迷わなくなりますね。

次にひし餅はどうしてひし形なのか。

ひし餅はどうしてひし形なの?

実はひし餅のひし形の形は、はっきりとしたことはわかっていません。

ひし餅の形には諸説があり、

ひし餅のモデルは植物の「菱」から。

植物の菱は、葉っぱがひし形だから。

大地を表し、生命力から子孫繁栄を表している。

心臓を表し、生命の源となるように。

などなど、いろいろな意味が込められている説があります。

明確な歴史はわかっていませんが、江戸時代初期にはすでにひし形をしていたそうです。

そんな昔から、ひし餅があったこともビックリですね!

次に、

ひな祭りにひし餅を飾る意味は?

縁起が良いということはわかりましたが、どうしてひな祭りに飾るようになったのか。

 

日本で行われている行事には、元をたどれば中国から伝わったものが多く

ひな祭りもひし餅もルーツは中国にあったようです。

中国の「上巳(じょうし/じょうみ」の節)という厄払いの行事が現在のひな祭りの原点だと言われています。

ひな祭りの日は生命の始まりの場所とされる川で、1年の穢れを落とし身を清める日だったそうです。

上巳の節」には「餅の団子」を食べる風習がありました。

これがのちのひし餅の起源だそうです。

風習から来てたのは知りませんでしたね!

まとめ

ひし餅についてわからないことはわかっていただけたでしょうか?

 

ひし餅の3色の色はそれぞれ意味があり、とても縁起が良い意味食べ物とわかりました!

3色の色はひし餅だけでなく「あられ」も同じ意味を持ちます。

昔から親しまれてきたひし餅。

意味を知ると、食べてみようかな。と思いますね。

今まで、ひし餅を食べたことがない人はぜひこの機会に食べてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました