どうしてひな人形を早く片付けないと婚期が遅れると言われているの?

スポンサーリンク
イベント・シーズン
スポンサーリンク

ひな人形を早く片付けないと婚期が遅れる。

これは誰もが一度は聞いたことがありますよね。

みなさんのご家庭ではどうでしたか?

遅く結婚した人、早く結婚をした人、いろんな人がいますが、

すべてひな人形にかかっておるのでしょうか・・・。

ここでは、ひな人形を早く片付けないと本当に婚期が遅れるのか、

なぜこのように言われるようになったかなどを紹介します。

ひな人形を早く片付けないと婚期が遅れる?

なぜひな祭りが終わったら早く片付けないと婚期が遅れると言われたのか

その理由は3つの説があると言われています。

 

それぞれ紹介していきます。

災厄を払う

ひな人形は持ち主の災厄を引き受ける身代わりと言われています。

そんなひな人形をいつまでも飾っておくと、厄を引き受けたものが戻ってくると考えられ

「いつまでも飾っておくとバチが当たりますよ」という意味も込められ

ひな祭りが終わると早く片付けた方が良いと言われるようになりました。

花嫁修業の意味として

ひな人形は飾るときは大変ですが楽しいですよね。ですが、片づけるときは大変しかありません。

人形や道具をひとつひとつ丁寧に片づけないといけません。

大変だけど、そんなひな人形を出しっぱなしにしておくことは、きちんと片付けができない、だらしない印象を与えるので、早く片付けた方が良いと言われていました。

片づける作業を子供に教え、「良いお嫁さんになるように」という教訓があったようです。

ひな人形は娘の結婚を表している

ひな人形は男雛、女雛の結婚式を表していますよね。

お嫁に行くことを「片付く」という表現があります。

「片付く=嫁ぐ」と言葉の掛け言葉で、

早くひな人形を出すことで「早く嫁に出す」

早く片付けることで「早く嫁に行く」

と考えられたよううです。



まとめ

これらの理由から、

ひな人形を早く片付けないと婚期が遅れると言われるようになりました。

 

言われるようになっただけで、本当に婚期が遅れるというわけではありません。

 

「雷がなるとヘソを隠さないと、雷さんにヘソを取られるよ」と同じ感じなんですよね。

ひな人形を早く出しても、遅く出しても結婚の時期は人それぞれです。

結婚して幸せになってほしいという親心はいつの時代も変わりません。

 

もし結婚をして子供が出来て、子供と一緒にひな人形を片付けるときが来たら、こんな迷信もあるんだよ。と教えてあげるのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました