ひな人形の飾る・片づける最適な時期はいつ?

スポンサーリンク
イベント・シーズン
スポンサーリンク

こんにちは★4姉妹の母親をしているsamです。

今回ご紹介するのは、『ひな人形の飾る・片づける最適な時期はいつ?』です。

 

ひな人形と言えば、3月3日に飾るお人形のことですが、

いつから飾ればいいの?いつ片付ければいいの?決まりはあるの?など気になる疑問をここで紹介します。

ひな人形を飾って、娘さんやお孫さんを祝ってあげましょうね。

ひな人形はいつから飾るの?

「ひな人形を飾る日」というのはありません。

 

つまり、いつから飾っても問題ないということなんだそうです^^

 

でも悩んでいるから調べてるのに・・と思いますよね。

悩んでいる方におすすめのひな人形を飾るベストの日は「立春~2月中旬」です。

飾るベストな時期は立春~

立春といば2月4日あたりになります。

2月3日の「節分」で豆まきをして厄を払ったあとに、ひな人形を飾るという流れがいいかもしれませんね。

厄を払ったあとにひな人形を飾るとなんだか縁起が良そうな気がしますね。

「気」がするだけですが・・・・(笑)

 

我が家はいつも節分が終わった週からひな人形を出すようにしています♪

 

 

ひな祭りは桃の節句ということもあり、春の訪れを告げる立春が飾る日としてはおすすめです。

遅くても、ひな祭りの1週間前までには飾っておくことが望ましいです。

せっかくひな人形があるんだったら、2月上旬に飾って長く楽しみたいですよね。

 

スポンサーリンク

 

 

片づけるのが遅れると婚期が遅れる?

飾る日がなければ片づける日も、もちろんありません。

よく言われるのが「ひな人形を片づけるのが遅れると、婚期が遅れる」とも言われていますよね。

これはもちろん迷信です!

 

わたしの親は、ひな祭りが終わって少し経ってから片づけていました。

もしかしたら婚期を遅らせるためか!?と思っていたのですが、そんな期待は外れ、19歳と早々結婚しました(笑)

 

姉もいますが姉も22歳で結婚しました(笑)

なので片づけるのが遅れると婚期が遅れるというのは、全くの迷信ですね。

それでは片づけるタイミングはいつなのか。

それは、

日にちより天気に気を付けよう!

ひな人形は「晴れ」の日に片づけることをおすすめします。

その理由は、

良く晴れた日は、湿気があまりありませんよね。

 

ひな人形に使用している素材には絹を使用していることが多く、この絹は湿気にとても弱い性質を持っています。

人形や週能箱に湿気が残ったまましまってしまうと、来年出してみるとカビやシミが・・という可能性があります。

「婚期が遅れる」というのは迷信なので、そのことよりも「天気」を気にしながら片づけることおおすすめします。




片づける時期はいつ?

片づけるタイミングは晴れですが時期はいつなのか。

最も多いのが3月3日が過ぎた週末あたりです。

ですが地方によると、旧暦(4月3日)まで続けて飾る地域もあるようです。

 

新暦の3月の中旬ごろまでにしまうのもよし。 旧暦なら4月中旬くらいまでが目安です。

ですが4月中旬まで飾っていると、いつまで飾っているの~?なんて言われそうな気がしますが・・・。

なので、ひな祭りが終わった週末、もしくはひな人形が終わって約2週間を目安に片づけるのがいいかもしれませんね。

まとめ

・ひな祭りを片付けるのに決まった日はありません。

・飾るなら立春あたりから。

・片づけるならひな祭りが終わった週末、もしくは2週間後を目安に。

・天気が晴れの日に片づけることがおすすめ。

 

以上、ひな祭りの飾る・片づける時期はいつ?でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました