授乳中・妊娠中でもインフルエンザの予防接種はしてもいいの?

スポンサーリンク
妊娠・出産
スポンサーリンク

これからの季節、妊娠中の方、授乳してる方インフルエンザが心配になってきますよね。

お腹の赤ちゃんのため、産まれてきた赤ちゃんのためにもママがインフルエンザにならないよう気を付けなければいけません。

ここでは、妊娠中の方・授乳中の方がインフルエンザの予防接種は受けられるのかを紹介したいと思います。

妊娠中・授乳中、インフルエンザの予防接種は受けられる?

結論から言うと、

予防接種は受けられます。

妊娠初期でも赤ちゃんに影響はないの?

妊娠初期と言えば、赤ちゃんの心臓、脳や神経などとても大切な器官が形成されている時期で

ママが飲んだ薬やワクチンを受けやすい時期です。

ですが、妊娠中は普段より免疫が下がると言われていますよね。

インフルエンザに罹患すると重篤になりやすいため、インフルエンザワクチンの接種は推薦されています。

日本で使用されているインフルエンザワクチンは「不活性ワクチン」です。

日本の予防接種では「生ワクチン」と「不活性ワクチン」があります。

※生ワクチンは妊婦への接種は禁忌とされています。

生ワクチンと不活性ワクチンの違いは何?

この不活性ワクチンは、妊娠期間どのタイミングでもインフルエンザワクチンを接種しても

問題ないとされています。

インフルエンザワクチンを接種したからといって、奇形や障害などリスクはないと言われています。

その研究結果がこちら▼

なので、妊娠初期の方でも心配せずインフルエンザの予防接種を受けてください。

もしインフルエンザワクチンの接種に抵抗がある方は、一度かかりつけの産婦人科に相談してから検討してみてください。

おっぱいに影響はない?

先ほども言った通り、インフルエンザワクチンは「不活性ワクチン」なので、

母乳を通じて赤ちゃんに悪い影響を与えることもありません。

授乳中でも、問題なく接種ができます。

流行前に予防接種を受けておく方が、赤ちゃんにとっても望ましいとされているので、

家族みんなで予防することが大切です。

インフルエンザワクチンをやめておいた方が良い方

明らかな発熱(37.5度)のある方

重篤な急性疾患にかかっている方

急性で重症な病気にかかっている人は、その後の病気の変化も分からないため、ワクチン接種を行うことはできません。ただし、軽症と判断される場合には接種を行うことができますので、先生に相談してください。

予防接種の接種成分によってアナフィラキシーショックをこした方

原因物質(抗原)により感作される準備期間の後、その原因物質が再び生体に接触することで引き起こされる免疫学的機序による全身的なアレルギー反応。

上記以外に医師が予防接種を行うことが不適当な状態にあると判断した方

 

まとめ

お腹の赤ちゃんや、おっぱいを飲んでいる赤ちゃんのためにも

まずママがインフルエンザにならないことが大切です。

医師と相談して予防接種をするかしないか相談してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました