ママがインフルエンザになったら母乳はやめた方がいいの?

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク

これからの季節、インフルエンザが心配になってきますね。

既に身近な人がインフルエンザになっているのではないでしょうか?

完母で育児をしていて、

もし自分がインフルエンザになったら母乳はやめた方がいいのか?続けても大丈夫なのか?

そんな疑問をここで紹介したいと思います。

インフルエンザになったら母乳はやめた方がいいの?

インフルエンザになってしまっても

母乳をやめる必要はありません。

母乳には、赤ちゃんを守る細胞や、免疫物質など様々な方法で感染から守ってくれる役割をしています。

血液の中にウイルスは侵入しない

おっぱいの原料は「血液」ですが、インフルエンザは、粉末感染で、咳やくしゃみの時に

空気中に飛び散った粒子の中のウイルスに吸い込むことによって感染がおこります。

インフルエンザウイルスは、気道粘膜で増殖するので、血液の中にウイルスが出現することはなく、

母乳中にたくさんのウイルスが出ることは考えられません。

また、絞った母乳をあげたとしても、インフルエンザに感染したという報告もありません。

なので、ママがインフルエンザになったとしても気にせず、母乳をあげてください。

母乳をやめないほうが安全

ママがインフルエンザになったとき、赤ちゃんはすでにママの発病前からウイルスにさらされている可能性があります。

そのため、赤ちゃんを守るための感染防御因子の含まれている母乳を飲まている方が、

母乳を中断するより、むしろ安全とも言われています。

 

インフルエンザになったママはとても辛くしんどいですよね。

インフルエンザは、高熱・関節痛・頭痛などあらゆるところの全身症状が特徴です。

辛く授乳がしんどい時は、無理して授乳せず、搾乳して周りの誰かにあげてもらいましょう。

もし、授乳をするなら、座ったままでは辛いので添い乳をして授乳をしてください。

ママが寝転がり、赤ちゃんをおっぱいの近くに顔を近づけるとそのまま授乳ができるので、体もだいぶ楽に感じられます。

赤ちゃんをウイルスから守ろう

ママがインフルエンザになってしまったら、対策をしておかないと赤ちゃんに感染してしまう可能性があります。

▶赤ちゃんと触れ合うときは、手は石鹸を使って、手首・指の間など隅々まで綺麗に洗いましょう。

▶授乳の時は、赤ちゃんにくしゃみや咳をしないようにマスクをつけて授乳をしましょう。

▶部屋を十分に加湿をしましょう。

▶外からウイルスを持ち込まず、外出から帰ってきたら手洗い・うがいは徹底しましょう。

▶お茶が飲める赤ちゃんなら、抗菌効果のあるカテキンが含まれている番茶やほうじ茶を飲ませましょう。

▶適度に部屋の換気をして病原菌を部屋から追い出しましょう。

テーブル、ドアノブにはアルコール消毒!

インフルエンザはルコール消毒に弱いとされています。

インフルエンザになった方がさわった、テーブル・ドアノブ・洗面所などは

ウイルス除去率99%チャーミストで徹底除菌をしましょう。

チャーミストは、

インフルエンザ・ノロなどのウイルスにも強い除菌消臭剤です。

強力な除菌なのに、赤ちゃんが口に入れても大丈夫な安全消毒。

これからの季節まだ油断はできません。

インフルエンザになる前からの対策も必要です。

インフルエンザは目には見えないので、チャーミストで徹底除菌を心がけてくださいね。

 

まだまだ油断ができない日が続きますが、ウイルスに負けず冬を乗り越えましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました